その時出来る少しの変化で人生を優しく好転させる個人セッション

あなたらしさを取り戻すことで、現実的な結果や実際の日常の次元で問題が解決されていきます

問題や悩みを解決したい

望まない状況や、辛さや苦しさに長い間留まっていたならば、そろそろ脱け出して欲しいです。
たくさんの相談やヒントを得るべく情報収集をしてもまだ「問題や悩み」の中にいるならば的確な順番やアプローチ法がまだ得られて居ないのかもしれません。辛さや苦しさにハマっていると人生が八方塞がりに思えたり自信がどんどんなくなってしまいます。たいていの必要な解決の力はあなたの中に眠っています。
それを引き出すお手伝いをします。

目標達成・願望実現をしたい

あなたが望む人生を歩こうと思うことはとても素晴らしく有益なことです。コーチングやメンタルトレーニング、成功法則、潜在意識改革など情報が溢れる中で、本当に自分に合う必要なやり方を見つけ出すのは大変なものです。(そしてそれらには落とし穴も多いのも事実と私は思っています)目標達成や実現に必要な要素とは何か?理想と現実のギャップをどう埋めるか?ハードルを乗り越えるには何が必要なのか?状況をよく整理してあなたにあったあなたらしい方法とプロセスを導き出して適用する必要があるのです。自分に合わないやり方や自分らしくないスタイルではまず成功することはありません。そのためにはあなたに合った必要なプロセスを探って、味方となるガイドであり伴走者をつけることは、とても大切になってきます。

迷宮から抜け出すヒント

問題が起きた、悩みが続いている、そんなときはついついこれがダメだからなんとかしなくてはあれさえあれば私は幸せなのにあれさえなければ楽なのにと考えがちです。
しかしこの思考にハマると迷宮から抜け出せません。これはおそろしいことです。「今が良くないからなんとかしよう」
これは向上心としては大変素晴らしい気持ちではありますが、こう考えることの危険な落とし穴が2つあります。

問題を先送りにしない

ひとつはうまく行くには外から何か良いことが起こらないものか、すでに存在している問題な人やことが何かによって排除されないか、と発想してしまうことです。
任せる、委ねると言う選択的判断ではなく運任せや他力による主体性のない発想は
自分の人生を自分らしく生きられなくなり、結局はストレスや問題や悩みを先送りになってしまうのです。

より良い未来を開く

2つめはそれを気合いや根性で乗りきったりゲットしたとします。しかしもともと存在していた状況には気がつかないけど意味のある要素があって、それを無視して行動したものになります。
そのときは結局他の問題として悩みが現れ根本的な解決にはなりません。無理矢理欲しいものを手にしても、あるいは良いと思って頑張ったけれど、「こんなハズじゃなかった」とか「結局自分の人生何も変わらないな」と言う思いになってしまった経験はありませんか?フェアに現実を受け入れたところから"より良い"未来が開かれます。この現実を受け入れるとは諦めたり妥協したりとはまるで違うものです。

自由な旅を楽しむ秘訣

ゴールへの道のりの燃料は確かな価値観と気持ち感情がちゃんと持てているかです。
また時間は未来から流れています。「◯◯駅へ向かう列車」は確かに現在地から目的地へ「進む」ものですが、電車に乗ったあなたは電車のなかに居て、駅は向こうからやって来ます。何駅行きの電車にのりたいですか?その目的地に相応しい服装をしていますか?実現可能なゴールは到着できるし、そこで得られる価値観や生き方今から出来るものです。

あなたが自分らしさ

お金や健康、人間関係など、大切なものは人生でだいたい共通しています。しかし、どんなあなたが、何をどのように手にしていくかは人の数だけ正解があって、あなたの正解はあなたが見出ださなくてはなりません。
この時、親や周りに刷り込まれた他人の物差し(基準や価値観)で考えると結局はあなたが幸せを感じることは少なくなるか歪んだものになります。キーワードは「あなたが自分らしさ」です。自分らしいと思える自分をきちんと把握出来ているか、そこから大切なものを守ったり育んでいけることが出来るか?自分を見失っていて模索しても大切なものはこぼれ落ちてしまいます。
そうならないためにも自分とは何でどんな生き方が大切なのか?一緒に考えていきましょう。

潜在意識の働き

意識しやすいこと見てわかるものは表層的、顕在的と言いますが、見えない領域や自覚しにくい思考や感情、行動のパターンを司る領域を潜在的な領域と言います。無意識や潜在意識と言われているものです。思ってることと違う行動をしてしまったり、望まない感情にのみ込まれてしまったり。人間関係や日常起きてることがあるいはなぜそうなるのか?
なぜこんな、気持ちや考えになるのか?そんな不思議な感覚になるとき、潜在的なパターンが何かやらかしていると言えます。
もともと潜在意識はいつも十全に機能していて、今の自分の生命や生活や社会的営みを支えているものです。

新しい価値観

しかし意識の心が何か違和感を感じていたり、望むことと不一致な、感覚があるとしたら、望ましいものに改善なり修正をかける必要があります。潜在意識に関しては色んな角度から言及できるものですが、ひとつは、過去からのなごりだったと言えます。子供の頃などに刷り込まれた価値観やものの考え方です。簡単に言うと、「その頃はそれで良かった」と言う当時の学習体験のたまものでもあるのです。しかし、これがもはや大人になって社会が変わったのにおおもとの考え方や気持ちの持ち方に変化がついていけなくなったりして、何かと不都合と言う形で現れます。どうしてそんな言動や感情や人間関係パターンになるかは
「潜在的」故に気づきにくいしなかなか目を向けられません。

未来へのプロセス

皆さんがタクシーに乗ったとき「ここじゃないところへ行ってください」と言ったら運転手さんは困るか「降りてください」と言うでしょう。未来のあなたはどこへ向かうのか?ちゃんと設定する必要があります。それは肯定文で述べられてますか?「◯◯にならないように」などの文章は達成可能なゴールにはなりません。そして、ちゃんと達成できたか到達できたか具体的なことが大切です。目標でなくても悩みや問題が解決するとは具体的にどうなってたいのか?きちんとつかむことが大切です。
そして現在地を解っておけばその間を埋めるルートが見えてきます。カーナビと同じですね。そして、その未来に本当に行きたいか行く必要を深く強く思えてワクワク出来るかが大切です。

セーターが古くなったことに気が付く

これは「古くなったセーター」に喩えられます。その時の自分には温かくフィットしていた。でも体の成長とともにきつくなったりスキマが増えてスースーし出してきた。違和感あるけどこれはこれで無いよりマシで脱ぐわけにもいかない。そんな状況です。なので、もうそんな考え方やめたいとかそんな言動や感情パターンをやめたいと思ってもなかなか「脱ぎ捨てられない」のです。

新しいセーターでコーディネートする

こんなときに必要なのは新しく自分にフィットしたセーターです。
これまでの考えに否定する必要はなく発展させたものがあれば良いのです。成長とはそこに目を向け、思考や心の持ちかたを広げることなのかもしれませんね。潜在意識にどんなものが刷り込まれていて、どんな風にあなたらしく変化、成長させていくかは(自分ひとりではなく、客観的、包括的?)に心理カウンセラーと一緒に進みながら、どんな新しいセーターをコーディネートするかが早道です。
是非あなたに似合う優れた素材と素敵なデザインのセーターを見つけてくださいね。

個人セッション 解決への流れ

セッションが始まってからの様々な形がある中で解決への流れの例を書いてみました。
セッションは状況に応じて流れを変えさせていただく場合があります。
また無料ガイダンスを設けておりますので、あなたのテーマ(問題解決、目標達成等)に個人セッションが役に立てるかを確認してから始めらることが出来ます。

0.無料ガイダンスを経て

初めて心理カウンセリング、セラピー、コーチングを受ける方も、他で個人セッションを受けたことがある方もまずは無料ガイダンスをお受けください。
お互いの同意を得られたら、そのままセッションに入ることも可能です。
同意事項はこちらからの一方的な提示ではなく、あなたからのご希望・要望もうかがって 最適な形でスタートさせます。

1.そして、じっくりお話を聞かせてください。

どのようなことでもかまいません。事前にお申し出頂いた主訴と一見関係ないものでも、 深いところではつながっていることはよくあることなのです。
仕事・職場の事が問題でも、プライベートでのストレスが 関係しているかもしれませんし、その逆もあります。
漠然としたお悩みでも、どこに現象として具体的に 現れていたのかは、案外話しながら見えてくることもあるのです。

2.私からもいくつか訊かせてください。

この問題が維持されている構造を紐解き整理するために、私からも質問させてください。
なぜ、これまでの努力や頑張りがうまくいかなかったのかが見えてきます。
それはそれで必要なことであったり、自分を守る為のことだったと気づ いたりします。
多くの場合様々な要素や複数の問題が絡み合っていたりします。
その「迷宮の中」のままでは見えるものも見えなくしているかもしれません。

3.レバレッジポイントの発見

レバレッジ=てこの原理。最少の力で最大の効果を発揮できるポイントを見つけていきます。
問題の整理がつくとどうすれば良いかが解ってきますので、今までとは違った見方・捉え方が出来るようになっていきます。
これらのプロセスを通じて、望ましい結果へむけて解決ルートに入れるための効果的な介入ポイントを探ったり、よりよくなるための取り組みを話していきます。

4.介入技法やアドバイスを(必要に応じて)適用

問題になっている状況の変化を後押しするために、必要に応じて催眠や イメージワークなどの技法を適用することもあります。

5.アクションプラン(望む結果への原因づくりをしましょう)

望む結果への可能性を感じられたら、実生活でどのようなことを実践することが望ましい解決ルートに入れるのかを決め、日常生活で実際にアクションを起こし検証していきます。

6,強化・続行・修正・改善の提案

次のセッションでは、前回から今回のセッションまでがどんな日々だったかを教えてください。うまくいったことは続行し強化し定着させていきます。
うまく機能しなかったアクションプランは修正していきます。
その後、定着してきたものは更に改善に向けて修正点や、より効果的なアプローチを提案します。

ただし、アクションプランがうまくいかなくても大丈夫です。うまくいかないことの中に実は大きな発見が潜んでいます。 やろうと思ったことの何がうまくいかなかったのか、この中にこそ、今までご自身が守り通してきた大切なものが含まれていたりするものです。これは今まで自覚できなかった自分との出会いにも通じます。今まで以上に自分を承認し受容できることで、前進の力が引き出されていきます。現状否定からの気合の努力で押し切ってしまっ てからの“しっぺ返し”や逆戻り現象を防止できる大切なプロセスです。初回のセッション終了後、そのまま解放されてもいいし、課題としての深い気づきに出会ってもよいのです。 うまくいかない場合はおおいにその中にとどまることが、実は次へのステップの大切な足場になります。

なので、 数回のセッションを通じて確かな変化を築いていけるのです。
トータルで見れば、効果のある短期的なプロセスを踏めることにつながるのです。

7.前回からの取り組みを検証し再び効果の改善へのステップを探り、アクションプランを立てます。

一見うまくいったことが実は一時の気分であることもあるし、一見すると、うまくいっていないように感じることが実 は着実な前進に通じていることもあります。
(下の図ゴールへの「効果の曲線」をご覧ください)
納得のいく前進をあなたのペースでじっくりいきましょう、あせる必要はありません。 いろいろありながらも、良い方向に進んでいる、という確かな解決への改善ルートの中で進ませていきます。

8.終了(ご卒業)

何回か2〜7を繰り返し、安定して自信が得られたら終了です。

※数回のセッションで大きく人生の転換を迎えていくことが可能になり、結果的に短期的な解決をもたらします。